ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ども、たけです。


長らくやってませんでしたが、実はこのブログ、たまに音楽更新やっていたんですよね。ネタで笑いを取る一面とギタリストな一面、そしてスベってる一面を合わせ持つ誰だ今ずっとスベってるって言ったやつは!毎回毎回ほんとごめんなさい!というわけで、今日はバリバリのスタジオミュージシャン、今剛さんの動画です。


今剛】(こんつよし)
北海道釧路市出身のミュージシャン・ギタリスト。日本を代表するフュージョン・ロックギタリストで、1980年代にフュージョン・バンド「PARACHUTE」のギタリストとして頭角を現し、様々なバンドを経て現在はスタジオミュージシャンとして活動する。甘い音色のギター・サウンドと正確無比なプレイは様々な方面から高い評価を受け、井上陽水や今井美樹、さらにはEXILEや倖田來未などのレコーディングにも参加。新旧問わず様々なミュージシャンのバックで多彩な腕前を披露している。


やってることはビックリするほどのバカテクってことじゃないのですが、基本に忠実というか、これぞプロ!っていうプレイが多いですね。シンプルだからこそ力強い。王道は王道であるということを示してくれるギタリストです。テヌートできれいに弾くし、バッキングもブレないしタイム感も抜群。それでいてフレージングは少しヒネってあって面白い。とても勉強になるギタリストです。こういうギタリストになりたいですね無理ですけど。精進あるのみです。


傘がない/井上陽水



氷の世界/井上陽水



詳細不明



【関連】
Robben Ford/フュージョンもこなす生真面目ブルース優等生
Jeff Beck/ロックギタリストには2種類しかいない、ジェフとジェフ以外だ

スポンサーサイト

テーマ:お気に入りアーティスト - ジャンル:音楽





歌詞→http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND47105/index.html


ちょっと泣いてくる。

テーマ:お気に入りアーティスト - ジャンル:音楽


ども、たけです。


このブログはその昔、毎週土曜日には音楽紹介をしておりました。管理人の琴線に触れた若干マイナーな音楽たちをただ垂れ流すだけでしたが、諸事情によりお休みしておりました。ですが、実は音楽紹介を楽しみにされていた方もいらっしゃったという事実を受け、まあたまには昔を思い出してやってみるのもいいかなと思いキーボードを叩いておるわけです。完全不定期ですが、たまに気が向いたときにはやっていこうと思いますのでお付き合い下さい。では今回は、その音を聴いて一発でファンになってしまった期待の新星の紹介です。


Close My Eyes/FAT PROP



FAT PROP】(ふぁっとぷろっぷ)
今別府知大(Vo&Key)、梛木健一郎(Ba&Cho)、上原慎太郎(Gt&Cho)、橋口武尚(Dr&Cho)の4人からなる鹿児島出身のロックバンド。2002年に結成し幾度かのメンバーチェンジを経て現在に至る。2006年、1st Mini Album「This is Life」をリリース。ピアノを押し出したロックでエモーショナルなサウンド、洗練されたアレンジ力は圧倒的存在感を誇る。2010年1月にCAFFEINE BOMB RECORDSに移籍。2010年5月に発表された4th Mini Album「Close My Eyes」のスマッシュヒットで一気に知名度は全国区へ。同9月には初のフルアルバム「THE DIE IS CAST」も発表。メロディーセンスとコーラスワークで鹿児島を拠点に全国に名乗りをあげる。
FAT PROP公式サイト⇒http://www.fatprop.com/


何故彼らを知ったのか、それはもう既に覚えていないのです。それくらい衝撃的な出会いだった「Close My Eyes」。その衝撃は脳天に突き抜け、すぐにギターを手に取り弾き倒したくらいです。ストレートなロックなのですが、音の強弱や明暗、メリハリが効いていて、そしてなによりその卓越したメロディーセンス。やっぱり個人的にはポップなものが好きという観念が根底にあるんだなと確認させられました。


このバンドの特徴的なところといえば、やはりピアノでしょうか。ロック+ピアノ、とりわけエモ+ピアノというのは、こと日本に限って言えばなかなかありそうでなかったのではないでしょうか。この化学反応が気持ちいい。つい最近1stフルアルバムを発表したばかりの新星、これは目が離せないですね!


ストレートなロック!
★★★★☆
声質
★★★★☆
メロディーセンス
★★★★★
コーラスワーク
★★★★☆
ピアノとエモの化学反応
★★★★★


【こんなアーティストを聴く方にオススメ】
Something CorporateJack's MannequinWaking AshlandWe Shot The MoonGootMy Favorite HighwayThe Real You、etc…


というわけで、最後になりますが3rd Mini Albumのリード曲とライブの映像を少しだけ紹介します。やっぱり記事を書くのに時間がかかりすぎてしまうなぁ。次回からはもう少し簡略化できればいいですね。それではまた。


Change The Future/FAT PROP



Live/FAT PROP



【関連】
Finch/アメリカンロック界の癖球ド真ん中剛速球男

テーマ:お気に入りアーティスト - ジャンル:音楽


「ダイヤモンドって地球上で最も硬度が高いんだって」
「だから女性が好むんだな。硬いもの好きだしな」
なんだか淫猥に聞こえるのは気のせいか。


ども、たけです。


たまには音楽の話もしないと、ここの管理人はただの太った人だと思われてしまうので、それはちょっと悲しいので。ここの管理人は音楽の好きな太った人です。誤解のないように。


その昔、バンドを組んでたわけですが、作詞作曲に関してはすべて僕が手がけていたのです。まずコード進行を決めてメロディを決めて、最後に歌詞を乗せていくという手法だったわけです。これはコード進行が何よりも最重要で、僕がコード進行に物凄くこだわりを持っていたということを表しているわけです。歌唱力も演奏力も無いなか、他のバンドと一線を画すにはコード進行をとにかくキレイに、そしてそれに乗るメロディもキレイに、そして歌詞は共感を得るように。なんだか媚びている感は今も変わらないですね。


コードを複雑にするのではなく、コード進行を耳に残るよう考えていたわけです。例えばKey=Cのとき、Ⅳ度はF、Ⅴ度はGで、あとは平行調でマイナーなAm、Dm、Emがよく使われるでしょうが、普通FにいくところをFmにしてみたり、Am、Dm、EmのところをアクセントとしてA、D、Eとしてみたり。Key=GのときのBメロでBm7♭5→E7ときてのAmからベース音だけクリシェで半音ずつ落としてみたり。楽器をやらない方からしたら何のことやらって感じでしょうけど。逆に少しでも感性に触れてくれると嬉しいですけどね。


そんな今日のお話のオチは、Key=Cのとき、F→G→AmときてEmにいかれたときの気分って、浮気されたときのそれとよく似ていることに気付きましたという話。いやいや、Cに帰ってこいよ!みたいな。お前の帰るべき家はそこじゃないよ!みたいな。まあ浮気されたことなんてないんですけどね。


ここの管理人は、ただの太った人じゃないですよ。音楽の好きな恋愛経験の少ない太った人です。誤解のないように。



途中から何を言ってるのか自分でもわからなくなってきたんです。
こ、こいつイイ味出してやがる!と感じた方はワンクリック!
あなたの一票でNJNLを支えてください!よろしくお願いします!

にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへ
にほんブログ村

テーマ:お笑いネタ - ジャンル:お笑い


ども、たけです。


先日の更新で音楽紹介をしようと思ったのですが、サイドストーリーが長すぎたためにきちんと紹介が出来ませんでした。本日は軽めに音楽紹介をしようと思います。


線路沿いの恋/Bluem of Youth


線路沿いの恋 歌詞


Bluem of Youth」。20代後半以上の方なら彼らの名前を聞いたことがあるかもしれません。そう、その昔様々な無茶な企画で一世を風靡した「雷波少年」の企画「雷波少年系ラストツアー」でロシアのシベリア鉄道を横断し『ラストツアー ~約束の場所へ~』を書き上げ、50万枚のヒットを記録したアーティストです。標題の曲はその3年前に発表された曲です。当時音楽に興味を持ち始めてFMラジオばかり聞いていたときに流れてきて一発で好きになってしまいました。


ピアノならではのテンションコードを含んだ緻密なコード進行、特にメジャーセブンスがいい味を出しています。そしてこれは僕の趣味なのですが、A~Bメロをメジャー進行でサビをマイナー進行っていう曲が大好きなのです。歌詞に乗せた切なさが増幅します。この曲は本当に好きで1996年に発売なのでもう15年近く前の曲ですが、今でも十分売れると思います。いや、当時売れなかったのですが。僕も未だにカラオケなどに行くと歌います。そして一緒にいる人に「この曲いいね」「誰の曲なの?」って聞かれます。女の子を落としにいくときには必ず歌いまごめんなさいそんな機会がないです妄想です。


また、この曲は彼ら二人の地元である広島では物凄く人気があり、知名度の高い曲だそうです。広島出張の際には市電に乗りながらこの曲を胸に忍ばせ聞いてみたい、思いを馳せたいと思っています。


高校の頃に初めて聞いてこの曲を好きになって、5年後まさかこの歌詞のような運命をたどるなんて思いもしませんでした。だからこそ今でもこの曲が好きなんだと思います。



メロディが本当にキレイ。ピアノ習いたい。
こ、こいつイイ味出してやがる!と感じた方はワンクリック!
あなたの一票でNJNLを支えてください!よろしくお願いします!

にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへ
にほんブログ村

テーマ:お気に入りアーティスト - ジャンル:音楽



| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2017 NO JOKE,NO LIFE, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。