ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「折りたたみ○○。何が入る?」
「折りたたみお札」
普通だな。


ども、たけです。


出張7日目。明日の夜中には京都に帰れます。家あるかな?なかったら泣く。泣くというか笑うけどな。


普段引きこもりだという出張というか外に出るだけでいろいろと新発見がありますね。横浜にて電車に乗っていたらリュック的な何かを背負った若い男性が。リュックには「Voyage-air Guitar」という文字が。「エアギターのリュックてwww」的なノリでネタにしようと思ってメモを取りホテルに帰ってから調べてみると、


http://www.voyageairguitar.co.jp/


すげーな、おい!何だよ、折りたたみギターって!つーかそこまでして弾きたいか?



画期的だし触ってみたいけど、ネックで音が決まると思ってる僕はツラい商品だわ。
こ、こいつイイ味出してやがる!と感じた方はワンクリック!
あなたの一票でNJNLを支えてください!よろしくお願いします!

にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:お笑いネタ - ジャンル:お笑い


「いやー、本当に映画って素晴らしいものですね」
「イヤホンがどうしたって?」
壮絶な聞き間違いだな。


ども、たけです。


今日はいつもと少し趣向を変えてある商品を紹介したいと思います。べ、べつにブログの方向性に迷いがあるわけじゃないんだからねっ!!


僕は音楽が好きです。とは言っても公衆の面前で「音楽が好きだー!」とポカ○スウェットのCMのように叫べるくらい好きかといえばそれほどでもないですし、それほど爽やかでもありません。でもまあ人並みくらいには好きなので、外出時には音楽を聞いているのです。2年半くらい前から外出時のお供はMDウォークマンに取って変わってipodを使うようになりました。


ipodを購入し、CDをインポートし、ワクワクドキドキしながら聞いてみると、なんじゃこの音質の悪さは!ちょっとビックリしてしまいました。これは使えねーぞ!と慌ててオスオスのミニプラグを用意しコンポに直結。スピーカーから音を出してみると、あら不思議。普通にキレイに聞こえます。ということはこの白い純正イヤホンが悪いんだな!と思い立ちコンポのCDをipod純正イヤホンで試聴。結果、最悪でした。元々Y字のイヤホンは苦手でu字好きな僕としては(左右同じ長さコードのものを「Y字」と言い、左が短く、右が長いものを「u字」といいます。ipod純正は「Y字」)、これは早速買い換えるしかない!と思い立ちました。


いろいろ調べていくうちに、大阪の電気街・日本橋に面白い店があることを知りました。その名は「イヤホン・ヘッドホン専門店 e☆イヤホン」。ここのホームページが面白いのです。だって「イヤホン・ヘッドホン専門店」ですよ!何故そこに特化するwwでも、読んでみるとレビューが詳しくわかりやすい!そしてなんと店内では試聴ができるそうで。善は急げで行ってみました。


行ってみると店内はイヤホン・ヘッドホンだらけ!その中でも安くて音質もいいと評判の人気No.1商品「PHILIPS SHE9700」を手に取り持参したipodに直結!


  世界が変わりました


なんぞこれ!!すげー!今まで聞いたこともない音質でした。僕は低音キツめのドンシャリ(中域が少なめで高域、低域が多め)が好きなのですが、このイヤホンはバッチリはまりました。まあ僕の好みからはちょっと中域が多いかなと思いましたが、そこはipod本体のEQですんなり解決できるレベルでした。レンジの広さやバランスは特筆すべきものがあります。それにしても「PHILIPS」って聞き覚えがありませんか?そう、髭剃り(シェーバー)のメーカーですね。同じ電化製品でも、イヤホンも出していて、それでいて高品質とはお見それしましたm(_ _)m


しかもしかも、この品質で3,000円ってあなた!これは買って損はないと思います。ただ難点はというと、カナル型イヤホンということで密閉性・遮音性が高く外出時には周りの音が聞こえない点と、うまく耳に入れられないので苦手という意見も聞きます。まあでも、これからイヤホン買う予定のある方、迷ったらとりあえずこれ買っておけば間違いないかと。イヤホンっていってもソニー、ビクター、パナソニックとかのイメージの方。世界が変わるぜ!


e☆イヤホンのスタッフさんのブログ⇒イヤホン専門店「e☆イヤホン」のBlog
e☆イヤホンでの2008年年間売上ランキング⇒2008年間ランキング!(ぶっちぎってます)


とりあえず次は「AUDIOTRAK imAmp」を狙ってみようかなと考えております。でも先に「SHURE SE102-K」かなー。壊れてもいないのに買い換えるのもアレだしなー。とりあえず試聴だけでも行きたいなー。近々大阪出張ないかなー。(仕事しろよ)

テーマ:お笑いネタ - ジャンル:お笑い


ども、たけです。


自分のブログのカテゴリを改めて見てみると、「ギター・機材 (1)」っていうのがありました。(1)ってことは「まあなんとなく始めてみたものの後が続きませんでした」感がありありと表れておるわけです。これはまずい。


「0⇒1」すなわち、新しく物事を始めるということもとても大事です。しかし「1⇒2」一度始めたことを停滞させずに継続することこそ本当に大事なのではないでしょうか。「継続は力なり」って言いますしね。これは僕が常日頃から考えていることです。うそです。今思いつきました。今思いついたにしては、うまいこと言うてるなあと自分で感心しておるわけですが、「継続は力なり」というのは本当だと思うのです。


学生時分、野球部に所属していたのですが、自らに毎日素振り500本を課しておりました。やろうと決めたその日から引退するまで一日も欠かさずに続けました。結果、最後の大会では打率8割という数字を残せたのです。今は野球からは遠ざかりもっぱら観戦する側に回ってしまいましたが、家の玄関に置いてある木製バットが継続することの大切さを今でも僕に教えてくれています。


話が大きくそれました。「ギター・機材」を更新するぜ!「1⇒2」にしてやるぜ!という話でしたね。ではでは…


 

Line6の「MM4 Modulation Modeler」って試奏するたびに思うんだけど、使えるチャンネルある?




いやあ、言ってやりました。1台にいっぱいチャンネルついててお得感ありそうだけど、全部音質がデジタリティーで使いづらくね?それとも僕の使い方が間違ってるの?(てかほとんどいつもの雑記だよね)

テーマ:お笑いネタ - ジャンル:お笑い


ども、たけです。


今日はギターの話をします。というのもいつものように巡回サイトを回っていて、ふとした拍子にあるサイトに行ってしまい「コレは欲しい!」ってなってしまったので。興奮冷めやらぬままキーボードを叩いてるわけです。ギタリスト以外置いていてしまうかもしれないという間口の狭い更新もたまにはいいじゃないか、ねぇ?では、いくぞ!


僕がエフェクターの魅力に取り憑かれたのは大学1回生の頃。軽音楽のサ-クルに入部して先輩たちの演奏を聞いたことがきっかけです。いろんな先輩がいろんなギターでいろんな音色を奏でている。高校生の頃に買ったBOSSの「Overdrive/Distortion」(OS-2 誰もが通る道w)しか持っていなかった僕には衝撃でした。話を聞くと、BOSS以外にもいろんなメーカーがいろんなエフェクターを発売しているんだということを聞かされました。そこから僕の機材集めの旅は始まったのです。


特に歪みに関してはいろいろと試しました。前述「BOSS OS-2 Overdrive/Distortion」に始まり「MXR Distortion+」「MAXON ROD880 Real Overdrive」「Ibanez TS-9 Tube Screamer」「BOSS SD-1 Super Overdrive」「DNA Smoky Fuzz」「Black Cat OD-1」「HUMANGEAR PASSIONATTO」「HUMANGEAR HOT CAKE」「Siegmund Micro Tube Overdrive」わからない人には暗号ですね。このあたりの各々の評価も随時上げていく予定です。


現在メインで使ってるのは「Xotic」というメーカーの「AC-Booster」「RC-Booster」「BB Preamp」です(たまにヘルプで入ったバンドの音楽性によっては歪みの強い「MAXON ROD880」を使うことがありますが)4~5年前くらいから「Xotic」のエフェクターを使ってるのですが上品な歪みですね。歪ませても粒が潰れず倍音もきれいです。ギターはメインがUSAの'52テレキャスリイシュー(ピックアップはF/Rともに「Joe Barden ダニー・ガットンモデル」に交換済)でサブがBacchusのスティーヴィー・レイ・ヴォーンモデルですが、どちらにもきれいに乗ってくれます。


で、本題。本日何が言いたかったのかと言いますと、コレ。


  「AC+」と「BB+


コレは欲しい!!ACとRCとBBがあれば事足りるんやけど、欲しい!コレ1台でスタジオ4時間は遊べるやろ!!BB+のほうはちょっと歪みすぎてる感じがあるけどAC+はもらってやらんことはないぞ!誰か買ってくれ!!


やはりアンプはずっと欲しかったのですが、金額、持ち運びなどを考えると容易に(≠安易に)好きな音色が手に入るエフェクターは素晴らしいツールだと思うのです。ギターの音色っていうのはギタリストの個性を一番表現できる方法のひとつですからね。よし、明日にでも試奏しに行ってくるか。(ほんとに置いていった感があるね。ごめんなさいっ!)


(追記)
カテゴリに「ギター・機材」を追加。「音楽」カテゴリよりもよりギタリストよりの更新が主になります。気になった&オススメの機材やギター演奏に関して笑いもさほど散りばめずに更新していくぞ!

テーマ:日記 - ジャンル:日記



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 NO JOKE,NO LIFE, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。